アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「スイング」のブログ記事

みんなの「スイング」ブログ

タイトル 日 時
カトリン・ニルマークの教え
スエーデンの女子プロ、カトリン・ニルスマーク。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/09 12:06
ブルース フライシャーの教え
(1)パットした球がカップに入るのを見たいと思うのではなく、カップに入った音を聞きたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/24 11:53
Dave Stockton の教え
TVのラウンドレッスンのポイント。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/14 21:39
ミドルアイアンは少し短く握る
駿河屋は5鉄160Y、6鉄150Yのつもりだが、ここのところ、まだ身体が冬仕様で飛ばないということを考えても5、6鉄の距離が安定せず、方向もばらついていた。 得に5鉄は球が上がらず、距離も6鉄とあまり違わない感じ(・Θ・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/29 09:46
竹林隆光のゴルフクラブの真実(1)
たまたま本屋で見つけた<ゴルフクラブの真実>という本を買ってきた。 竹林隆光が昨年9月に書いた本で、クラブ設計家から見たクラブ選びのポイントが分かりやすく書かれている(*゜ー゜*) 曰く、スイング理論には本質部分と流行部分がある、本質部分といえどもクラブを使いこなす技の部分が多いのでクラブの特性が変わればスイング理論も変化する、自分にピッタリのクラブなどなく、あるのは使いこなしやすいクラブだ、、、、、 また、ロフトと長さの関係、軽すぎるクラブの弊害、クラブは総重量で管理すべき、、、、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/23 21:25
アドレス
4年半前のこのBLOGに駿河屋が書いたこと。  > アドレスは背筋を伸ばし、腰を後に引き骨盤を斜めに。  > 下半身、上半身共にリラックス。腰を腹筋で吊る感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/03 09:12
左手グリップ
昨日、練習場で気が付いた。 ハンドダウンに構えているのに、テークバックを始めると一度コックがほどけてハンドアップ気味になり、それから改めてコックを開始している気がする(・Θ・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/01 20:53
アプローチ
15〜30Yのアプローチはスコアの要だが、ここのところ距離感が合わなかったり、トップやダフリ気味だったりの繰り返し(・Θ・;) 今日、練習場で気がついた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/02 17:12
緊張時の<超ド引っ掛け>の原因が分かったかも(  ゜ ▽ ゜ ;)!
今日、練習場で6鉄と8鉄を交互に打っていて気がついた。 緊張時の<超ド引っ掛け>の原因が分かったかも(  ゜ ▽ ゜ ;)! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/12 17:12
EYE2 打ってみました
先日買ったEYE2を練習場で打ってみました。 結論は、やっぱ無理っす( ̄_ ̄ i) ヘッドスピード40m/sにまで落ちた老化な駿河屋にはシャフトが重すぎ、硬すぎです w(・Θ・;)w ハエが止まるほどゆっくりダウンスイングを開始して、ヘッドが落ちるのに任せる感じで振れば振れないことはないけど; ちょっとでも強く振りにいくと芯を外してしまい、フラフラと力ない珠が右に、、、、( ̄Д ̄;; おまけに、数発打ってフィニッシュでのヘッドの向きを確認すると、すっげぇフック。思わず手首を返して捉まえに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/03 14:49
4スタンス理論 ちょっと練習してみました
4スタンス理論、ちょっと練習場で試してみました。人差指を使うグリップ、運動軸は首の付け根(と股関節、足底)、重心移動は少なめに、テークバックは左手の押しの4点。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/23 22:02
4スタンス理論、B1型の特徴
じっくり内容を吟味する前に、ざっと本全体を斜め読みしてみました。 これ、長年エンジニアをやってきた駿河屋が、新理論を学ぶときに<何処に連れて行ってくれるのか?>、<もし懐疑的になるべきところがあるとすればどの辺か?>の当たりをつけるための生活の知恵、悲しい性ですかね(^▽^;) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/22 00:22
4スタンス理論の駿河屋の該当タイプは
本のドリルに従って、駿河屋の該当タイプを調べてみた。ドリルとしては、  ・立って腰から下を固定した状態で:両腕を広げたまま、又は両腕を45度に下げて どちらが上体を捻りやすいか?  ・直立して前屈するときに:手を肩の位置からまっすぐ下げていく、又はモモから足首へと足に添わせて下げていくのとで、どちらが深く前屈できるか? など、19種類のドリルをやってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 23:30
4スタンス理論っ(  ゜ ▽ ゜ ;)
先月、テレビの<所さんの学校では教えてくれないそこんところ>で、廣戸聡一という人が4スタンス理論という話をしていた。 人間には生まれつき<かかと体重型><つま先体重型>があって、身体の動かし方が違うというのだ。 これを見ていてハッと気がついた。 ゴルフの教えには、矛盾しているのではないかというほど色々な教えが有るが、これはその教えている人の型によって違うのではないか(  ゜ ▽ ゜ ;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 23:00
スタンスのチェック
ここ何年も通勤電車の中では推理小説ばかり読んでいたが、今日は市村操一著<負けないゴルフの心理学>。 これもアイアン買い替え効果だ(  ゜ ▽ ゜ ;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/20 01:02
老化なアイアン…しばらくはこれだ p(*^-^*)q ♪
今日、入手したISI Ni W2クン、練習場でアプローチやってきました。 10Y〜90Y(80%ショット)をやってみましたが、なかなかグー。 フェースを閉じても開いても安心して打てる感じです v(・_・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 18:08
老化なアイアン完成 v(・_・)?
老化なアイアンその8で<ハーフショット用にフルグースのウェッジが欲しい>と書きましたが、ヤフオクでPING ISI Ni のW2クンを見つけてゲットしました v(・_・) データはこうなってます。(ライ角は黒ドットのなので、駿河屋の赤ドットはこれよりちっと寝てます) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/06 18:22
クラブ買い替え効果(  ゜ ▽ ゜ ;)?
昨年末から老化なアイアン探しで昔使っていたお蔵入りクラブや、新しく買ったクラブを試してみて改めて思った。 もっと飛ぶドライバーは有り難いと思うが、アイアン、特にグリーンを狙うアイアンは飛距離をきっちり打てて、その場で止まるクラブであってほしい。 でも、メーカはもっと飛ぶ新発売アイアンを毎年毎年出してきている。 業種は違うがメーカの開発、設計部門で浮世の渡世を過ごした駿河屋なので、これがメーカの生きる道であることは百も承知、同業相憐れむ心境だが、さて飛んで曲がらないアイアンとの秘密はどこにあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/03 15:33
ウェッジどうしよう(゜Θ゜)…老化なアイアン(その8)
日曜日のラウンドの復習に練習場に行ってきました。 1年半前に自営業に転じて時間が自由になった駿河屋ですが、まさかウィークデーに練習場に行くなんて初めて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 16:32
ISI Ni クンの感触2 … 老化なアイアン(その7)
練習場で試してみたら、コースで打ってみたくて、居ても立ってもいられず、日曜日に急遽ラウンドしてきました (#⌒∇⌒#;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/30 11:49
ISI Ni クンの感触 … 老化なアイアン(その6)
PING ISIニッケル(V53シャフト)君が届きました。 一昨日練習場で一回試打しただけで、昨日急遽コースに出かけちゃうという暴挙にでたのですが、まずは一昨日の練習場での感触: <ZINGとの比較>  ・ZINGより少し軽いので振りやすい(●^^●)   …バランスというよりも、シャフトが軽い感じ。一度ショップに持ち込んで計って貰おう。  ・ZINGよりちょっと飛ぶ感じ。球も上がり易い(●^^●)   …ZINGって、重心が高いので有名なクラブだったからなぁ、、、、  ・9鉄とW... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/28 10:16
PING ISIクンゲットぉっ v(=∩_∩=) … 老化なアイアン(その5)
長年お蔵に入っていたPING ZING君のホコリを払い、少し硬くなったグリップを交換しようかなぁと思っていた矢先、ヤフオクでPING ISI Niクンを見つけた(  ゜ ▽ ゜ ;) 車上荒らしに盗まれたBeCuクンではないが、2卵生双生児のNiクン。 思わず落札してしまいました ヾ(@^(∞)^@)ノ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/23 22:47
PING ZING 再トライ … 老化なアイアン(その4)
昨日考えたことを試してみようと、PING ZING君を持って練習場で打ってみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/20 22:24
アイアンのロフトデータ…老化なアイアン その3
老化なアイアン模索のために、昔買ってお蔵入りしていたアイアンを引っ張り出して打ってみたら、あまりにも違うので、ロフトデータを調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/19 17:37
アイアン変更作戦迷走中 … その2
迷走中の老化なアイアン選びだが、なぜ迷走するのかを考えてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/01/18 10:22
アイアン変更作戦迷走中 … その1
足腰の老化対策はロフト変更でなんとか小康状態だが、実はアイアン不調のほうが根が深い。 ひとつ、緊張した状態でフルスイングするととんでもないミスが出る     w(・Θ・;)w ひとつ、長めのクラブでハーフショットすると、どショートしたり、パンチの入ったど引っ掛け     (OoO;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 00:21
老化なドライバーのロフト
ここ7〜8年、PING ISIのロフト 8.5度シャフトSを使ってきた。(リアルロフトは10度位) ヘッドスピード43mの駿河屋にはハードスペックだと思うが、打ち込みタイプ、強風の茨城育ちなので低空飛行が好きということで気に入っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/30 21:43
老化なゴルフ p(*^-^*)q ♪
もうすぐ62歳。 50代後半までは感じなかった(感じたくなかった)体力低下&感の鈍りが、ここ数年で痛感せざるを得なくなった ( ̄_ ̄ i) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/28 20:24
アプローチのグリップ
今日、練習場で、久し振りにOさんに会った。クラブシャフト屋が本業だが、トーナメントのサービスカーでクラブセッティングもしている技術屋さんだ。 駿河屋のアプローチ練習を見て「ノーコックに拘るなら、左グリップの小指〜中指をもっときつくグリップしたほうが良い」とアドバイスされた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/12/23 22:18
前半と後半のスコア差
最近、前半9ホールと後半のスコア差が大きい。 色々な原因があると思うのだが、今日気がついたことをメモ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 23:01
アプローチのスイングリズム
長尺パターの練習から派生連想したアプローチの乱れの原因推定。 ここのところあまりラウンドしないこともあって、アプローチのスイングリズムが悪い。 つい速く入ってしまうことが多い。 その結果、大ダフリしたり強く入って飛びすぎたり、ヽ`(~д~*)、ヽ` ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2006/08/06 11:16
手首は身体の近くを通す
スイングの手首は身体の近くを通すのが良いと言われる。 腕が身体から離れるほど身体が開きやすい(腕が遅れやすい)ので押し出しスライスになりやすいということだと思うが、その他にも理由があるのではないかと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/04 22:03
ボールの位置
フラットスイングで後ろから打つ練習のために、この1ヶ月くらい7鉄ばかり、ボールを左カカトにして打ってきたが、ちっと弊害がでてきたかも。 上体を意識して速く回さないとスクエア当たらないが、ちっと速く回し過ぎかも。 スイングに慣れるにつれて飛距離がアップして、今までよりも1番手近く多く飛んでしまう(~_~;) 他の番手も同じように飛距離が伸びるのならそれで良いが、そうはいかない感じ(・Θ・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/31 22:04
ビハインド・ザ・ボール
ハービー・ペニックは繰り返しビハインド・ザ・ボールを説いている。 ゴルフのスイングでこれが一番大切だと云うのだ。 曰く、頭を動かすな。 曰く、軸をぶらすな。 曰く、右体重で打て。 曰く、上体を突っ込むな。。。。 全てこの教えの別な表現だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/28 22:20
スローモーションドリル
ハービー・ペニックの『リトルレッドブック(奇跡のゴルフレッスン)』の中でスローモーションドリルのことを書いている。 シャドースイングをゆーーーーーーっくりする勧めだ。 これ以上ゆっくりは有り得ないと思うスピードでやるのがスイングを直すための方法だというのだ。 試してみると、自信をもってそのようにしか動かせない部分と、自信がなくてどうにでもできる部分とに分かれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/26 22:16
ダウンスイングは腹筋の引き締めをきっかけにする
今日、練習場で、後ろの打席に個人レッスンを頼んだ人がいて、プロからアドバイスを受けていた。 おじさんの腕前、フォームは恐らく除夜の鐘チームといったところだろうか、、、、 若いレッスンプロは使命感に燃え、おじさんのフォームを根本から直そうと色々アドバイスをしているが、これがまた<あんんたなぁ、そんな事ゆうても、おっちゃんには理解できんのと違うぅ(~_~;)>というアドバイスを大声で叱咤激励しつつ、、、、、、 うるさいなぁ( ̄Д ̄;; と思いつつ、耳に入ってきた言葉が<ダウンスイングは腹筋の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/24 22:50
クラブが立つ感じ
昨日、フラット気味なスイングにしたら<上げて下ろすだけ>という感じが少し分かったと書いたが、アプローチのハーフスイングで<クラブが立つ>感じも良くなったと思う。 フォローで左腕を身体に引き付けておけるので、インパクト前後で身体を遠く離れていたヘッドがフィニッシュ付近で飛球線に沿って身体の近くに戻ってきて、下ろしたままの低い位置で伸びた両腕の上に<立つ>感じ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/20 21:01
上げて下ろすだけ
スイングは<上げて下ろすだけ>とはプロの極意とされる言葉だ。 最近、フラットなスイングを心掛けて練習するようになって、この言葉の意味が少し分かったような気がする。 アップライトなスイングでは<上げて下ろしてまた上げる>スイングだが、フラットにするとフォローからフィニッシュまで左腕は身体にひきつけておいて、左ヒジだけを曲げればクラブは肩と水平な位置に収まる。 これなら<上げて下ろす>だけで良い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/19 23:15
全米プロ
いよいよ全米プロが始まりましたねぇ(*゜ー゜*) 今年の舞台はかの有名なパインハースト2だし、マスターズに勝ったタイガーウッズが優勝して今年こそは年内グランドスラムを達成する足掛かりを確保するのか、、、ワクワクしますよねぇ ♪((O(〃⌒▼⌒〃)O))♪ 日本選手も頑張ってるし、、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/18 21:23
ライ角調整の効果(3)…7鉄〜PW
前にも書いたが、7鉄〜PWは駿河屋がフルスイングでグリーンを狙うクラブ。 特に7鉄はフルスイングの練習の80%以上に使う<駿河屋スイングの根本>なので、実は、今回のライ角調整で打球がどうなるのかが一番心配だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/06 22:20
ライ角調整の効果(2)…4鉄〜6鉄
・4鉄はライ角とロフトの両方を直して頂いたので、戦力化できる感じ。  今まで180Y付近はHEAVENで打ってきたが、ウッドはトップ気味に入ると飛びすぎるので、後ろや左が危ないときには使えなかったが、4鉄なら失敗してもショートだけなので安心y(^ー^)y ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/05 21:31
ライ角調整の効果(1)アプローチ編
ライ角を調整して頂いてから、約一ヶ月になる。 この間、週末の練習でスイングが相当に変わってきたと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/06/04 22:42
アプローチショット
クラブ調整をして頂いたOさんに言われて気がついた。 駿河屋のアプローチショットはテークバックが小さすぎ、インパクトに向けて急加速しすぎだと('〇';) 確かに、フェースを真っ直ぐ引き、真っ直ぐ出すために、ハンドファースト、ヒジテークバックしながらコック、コックを解きながら(というより、右ヒジを押すような感じで)インパクト。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/16 11:15
調整して頂いたクラブの出来栄え大成功 v(=∩_∩=)
待ちに待った週末、今日は土曜日。 調整して頂いたクラブを持って練習場へ急いだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/14 20:31
クラブヘッドをスイングせよ(2)
昨日は、書いている間にあらぬ方向に滑ってしまい、書きたいことの半分<スイングせよ>で終わってしまった。 <クラブヘッドを>という教えは、我らダッファーに心強い教えだ。 要はクラブヘッドが良い軌道を画けば良いのであって、スイングのフォームに必要以上に気をとられるなということだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/07 00:00
クラブヘッドをスイングせよ
スイングとは、言うまでもなくゴルフクラブを振って球を打つことだ。 スイングとは、言うまでもなくブランコの事だ。 数年前、この二つのことが同じスイングという言葉であることに気づき、ブランコと同じ感じに振って球を打つのがゴルフのスイングだと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

2005/05/05 22:51
シャンク
ミスショットの中でもシャンクほど嫌なものはない( ̄Д ̄;; 駿河屋の場合、フルショットのシャンクは殆どないが、アプローチでのシャンクは一年に一度位の周期でやってくる。 フルショットのシャンクは、単発でおきるが、アドレスの方向が間違っている。 地形にだまされて、あらぬ方向にアドレスしたまま打ちたい方向にクラブを振ってしまているのだ。 これは反省チェックしやすいし、直すのも簡単。 でも、アプローチのシャンクは出だすと連続して起きる。 おきだすと、シャンクが怖くてハーフショット恐怖症になっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/02 23:46
スイング中の呼吸
前にちょっと書いた事があるが、スイング中の呼吸はどうしているか? テレビの芹沢・東尾の番組で同じ質問があった。 これに答えて、東尾理子は<息を吐きながらアドレスするが、その後はわかんない>とこたえた。 芹沢信夫は<スイング中は息を止めていて、フィニッシュでフッと吐く>と答えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/01 23:02
グリップの強さ
グリップは小鳥を握る強さでとよく言われるが、駿河屋はそんなに弱く握りたくない。 手首がガチガチになるほどの強さはもちろんダメだが、緩く握ると、テークバックのトップでシャフトがふらつく感じになるのでイヤだ。 特に小指はしっかり握りたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/24 18:40
ドライバーの飛距離
駿河屋のヘッドスピードは約43m/秒なので、平坦無風のキャリー理論値は220Y。 ランを20Yとすると約240Yだと思われるし、実ショットで芯を食った場合はほぼこの距離だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/23 21:38
ショット誤差の目標
駿河屋のバッグには1,3,5,7ウッド、5鉄〜SW、PTの14本が標準。 この中で、行き先は球に聞いてくれのドライバー、スプーンを除き、ショット誤差の目標を±10%にしているが、これがなかなか難しい。 フルショットは、ライや地形、風などを間違わなければ飛距離もランも大体読めるので目標範囲に入るが、問題はハーフショット。 特に、30Y以下は±3Y以内にしてのワンパット狙いは成功率が非常に低い(-_-;) まして、緊張する場面では、練習場での誤差の2〜倍の誤差になってしまう( ̄Д ̄;; ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/21 22:44
短いアプローチ
キャンプに行った先週土曜日から連続4日もBLOGをサボってしまった(・Θ・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/04/20 21:09
<ゆったり>と<ゆっくり>
誰に聞いても<スイングはゆったり>と言う。 確かに、プロのゆったりした、スイングアークの大きい、ふところが広いスイングを見ていると安定感が有ってホレボレする(。-_-。) っが、とても真似できるものではない(・Θ・;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/12 23:10
アプローチの距離感
昨日、アプローチ練習ができない嘆きを書いた。 アプローチの練習のポイントは目で見た距離と、クラブの振り具合を一致させることだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/04/08 18:39
インパクトでのフェース角度
インパクトでのフェースの角度は、云うまでもなく非常に重要だが、なかなか意識して直すことができない。 でも、昨日書いた目をつぶったシャドースイングではかなり正確に再現していることを発見した(*゜ー゜*) 目を閉じたままゆっくりとシャドースイングし、インパクトだと思われるところで目を開けてみると、フェースが閉じ気味だったり・開き気味だったり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/03 17:08
目を閉じてのシャドースイング
シャドースイングは鏡を見ながら可能な限りゆっくり(30秒以上かけて)かつ滑らかにスイングをするのが効果的だと云われる。 確かに、ゆっくり動かすと、自分の身体の部分的な動きまでよく見えるので、チェックしたり修正したりが出来る。修正の動きは始めはなんとなくぎこちないが、何度もやっている間にだんだん滑らかになって行くのが分かって面白い(*゜ー゜*)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/04/02 21:44
ヘッドに引張られる感じ
フォローで腕がヘッドに引っ張られ、右腕がぐーんと伸びていく感じは分かり易い。 先生はダウンスイングから、腕がヘッドに引張られている感じも大切にせよという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/01 22:10
ボールの重さ
先週買ったゴルフダイジェストでゆるゆるグリップで有名や高松志門が面白いことを書いていた。 ボールの重さは46gだがだが、これを<たった46g>だからと力でねじ伏せる打ち方は良くないというのだ。 大木を切り倒すナタのようにクラブを使わねばならない。 力一杯にドーンと振り下ろしても無理が掛かるだけ。 むしろ、スパッとした切れ味を狙ってヒュンと振るのが良い。 これ、高松流の訳の分かったような分からないような表現だが、雰囲気は分かる気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/27 21:08
股関節の上で上体を回転させる
テークバックは右股関節の上で上体を回転させるが、これは昔からスムーズにできる。 でも、フォローで左股関節の上で回転させるのは昔から苦手( ̄_ ̄ i) なぜだろう? 反射運動中=無意識下の動きなので何故と考えるのは無理かもしれないが、鏡を見ながら考えてみると、上体の傾斜角度に関係があるかもしれないと思った。 テークバックは前傾角度を保ったまま回転しているのに、フォローでは上体が立ってくる。 これが原因かもしれない。 フォローでも上体の前傾角度を保つ努力をしてみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/24 22:34
ダウンスイングで左腰が流れる
ダウンスイングで左腰が流れるのが駿河屋の欠点。 上半身を股関節の上で回せていないのだ。 かといって、あまりこれを意識すると、左腰が上がってしまい腰の水平回転ができない。 つい叩きにいってしまうというのが元凶だと分かってはいるのだが、、、、、、、( ̄_ ̄ i) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/23 22:56
ランニングアプローチ
レッスン番組などで、ランニングアプローチは最も失敗の少ない寄せ方だと云うが本当か? 駿河屋程度の腕では、グリーンの速さと起伏が把握できていたとして、ハーフショットの距離感は狙い±15%が精々。 とすると、20Yなら±3Y。すなわち、20Yから寄せワンできる確率は30〜40%程度。 速さ、起伏が分かっていない時はその半分確率になってしまう。 うーん、こんなもんだ( ̄Д ̄;; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/22 23:05
手のひらのタコ
昨日、ハンマー打法のことを書いていて気がついた。 以前は、多数のすごく硬いタコが、グリップやスイングを変える度に位置や数を変えながら生息していた。 ここ数年の駿河屋の手のひらにはタコが殆どなくなった。 現在は、左手小指と薬指の第一、第二関節の内側(親指側)と右手薬指の第二関節内側だけだ。 あんなに硬かった左手中薬小指と右手薬指の付根のタコはどこに行ってしまったのだろうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/16 21:58
ハンマー打法
10年位前になるが、ハンマー打法を試してみようとした。 カナダの天才スインガー、モー・ノーマンの打法のビデオを見た。 独特のフォームからの打球は何度打っても150Y先の狙ったポイントの半径数ヤード以内にピタリと落ちるっ(゜○゜)! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/15 22:23
アドレスでの左右のヒジ
アドレスはゆったりと、というのが基本だと思うが左右のヒジをゆったりと構え、スムーズにテークバックに入るのは難しいΣ(; ̄□ ̄A 左ヒジは、テークバック開始〜トップまで微塵も折りたくないと思うとどうしても硬くなる( ̄Д ̄;; 右ヒジは、アドレスで身体側に少し折って右腹に沿わせた形はできるのだが、テークバック開始と共にすぐ身体から離れたがり、これを離すまいと意識すると硬くなり勝ち( ̄_ ̄ i) ハンドダウンの角度からスムーズにコックに移行しようと意識すると手首も硬くなる(・Θ・;) これを意... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/03/11 22:32
バンカーショットの裏技
昨日、爪先の開き角度を書いていて、バンカーからナイスショット期待どころか、何としても一発で出すことを最優先の場合の裏技を初心者の頃に先輩から教えて頂いたのを思い出した。 両足爪先を目一杯に開いてがに股にし、グリップは両手のひらが見えるくらい左手超スライス&右手超フックに握って、両腕だけでヘッドをバッシーンとボール手前から砂ごと抉り取る。 どんなライでも、どんなに深いバンカーでも、これで見事に一発脱出v(・_・) そのかわり距離感はゼロ。 どんなに目一杯振っても、約10Yが精一杯。 最... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/03/10 22:44
アドレス時の爪先の開き角度
ベテランに聞いても、本を読んでも両足の爪先はそれぞれ30度くらい開くのが良いらしい。 右足爪先を少し開いていたほうがテークバックの捩りが楽で、左足爪先を少し開いていたほうがフォローでの回転がスムーズだというのだ。 試してみると確かに楽ちん(。-_-。)v ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/03/09 22:13
前傾姿勢
アドレス時の前傾姿勢の注意事項 ・椅子に腰掛けるために少し腰を下ろしかけた感じ。 ・股関節は柔らかく ・膝から下は垂直 そして、 ★骨盤の角度通りに背骨を真っ直ぐ  これが難しい( ̄Д ̄;;  つい、遠近両用メガネでボールがよく見えるようにうつむき加減になってしまう  腹筋も弱くなってしまったし、、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/07 21:10
足の指
レッスンプロにフォームを見ていただいても、見本を示して頂いても、足の指は見えないので意外な盲点。 茨城にいた頃、ゴルフ仲間(HDCP3)から足の指の大切さを教えて頂いた。 足の指は地面をしっかりグリップしないといけない。 特に親指は大切。 テークバック時には右親指が微動だにせず、インパクト以降は左親指がめくれないように。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/06 21:13
腰の水平回転
初心者の頃から先生ごとに<駿河屋さんは、何はなくとも腰の水平回転ができてるのが救いですね>と褒められてきたが、最近はこれがあやしい(・Θ・;) 歳とともに身体が硬くなってきているのだろう。 特に、フォローで上体が左股関節の上でスムーズに回らなくなってきているのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/03/03 20:50
左手首の角度を変えない
「練習しないでシングルになれる」は駿河屋のスイング学習教科書の一つ。 この本に、トップで左手首の甲を外側に折って、手首内側にシワができるようにテークバックするという技がある。 スクエアグリップは腕を回転させながらテークバック〜フォローする必要があるが、これが上手くできない人の為の裏技であり、今まで駿河屋はこれを頼りにしてきた。 ただ、ストロンググリップでは(ヒンジを使って手首を大きくこねる事になるから)これはしてはならないという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/03/02 22:12
アドレスに入るルーチン
アドレスに入る手順をルーチン化しておくと、どんな場面でも緊張せずに安定したショットができるという。 プロはそれぞれルーチンを持っており、テレビ中継番組でこれを重点的に見るのも楽しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/26 20:21
ボールのどこを見ながらアドレスするか
駿河屋は飛球線のボールの真後ろ、頂上から少し下の部分を見てアドレスするようにしている。 アドレスで右傾しているので、そこから視線をボールの芯に向けた感じ。 この視線だとボールを押しつぶす感じが出やすいし、飛球線の先に設定した目印もぼんやりと視界に入るので安心感があるv(・_・) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/25 23:40
止まるボール
止まるボールを打てないと、グリーンを狭くしか使えない。 高い球を打つ事、スピンを掛けることは必須だ。 駿河屋は、特に止めたいショットでは、いつもよりフェースを開き目、球をカット目に打って、球がフェース面を斜めに長く走るようにしてきたが大間違いだったのではないか。 これでも、フェースを開いた分だけ高い球になるので止まりやすいが、ヘッドが減速しながらボールを送り出すのでスピンは掛かり難い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/02/19 21:09
アドレス時の注意事項
 ・アドレスは背筋を伸ばし、腰を後に引き骨盤を斜めに。  下半身、上半身共にリラックス。腰を腹筋で吊る感じ。  ・カカト体重から前傾角度は変えないで頭を斜め上方に動かす感じで土踏まず体重へ。  ・ハンドダウン忘れずに。特に左手。  ・テークバックを開始でフッと体重が前に動く悪い癖を出さない。   ・前傾角度はスイング中変えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/14 21:49
汎化と分化
スイングは反射運動だという。 運動生理学の先生が書いた本を読むと、目的を持って身体を動かす練習を繰り返している間に、目的を意識しなくても身体が勝手に反応して目的を達成するようになる。 反射運動が完成するのだ。 たとえば、自転車に乗る練習で、一旦乗れるようになると練習しなかったような場所、たとえば坂道や砂地でも特別な練習なしに乗れるし、数十年のブランクが有ってもすぐコツを思い出せる。これが汎化とその効果だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/08 22:28
腰を切る
力強いスイングのためには腰を切る必要があるとプロは言う。 でも、腰が開いたり、引けたり、被ったりするのはもちろんダメ。 いったいどう違うのか(・Θ・;) 感覚的には違いが分かるような気がするが、何がどう違うとはっきり言うのは難しい。 重心の位置や移動具合、腕の位置や速度、感覚的には左右の足の親指の踏ん張り具合が利いているような気がするが、、、、、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/07 21:07
トレーニング効果の減衰時定数
昨日、一昨日は駿河屋がゴルフ練習に熱中していた頃の話だが、最近は毎週末の練習場もサボり勝ち(・Θ・;)  前に読んだトレーニングの本にトレーニング効果の減衰時定数は約一週間とあった。 練習で憶えた体の動きは3日で半分、一週間でほぼ全て忘れてしまうのだそうだ。 従って、一週間に一度の練習では憶えてしまった動きを維持するのが精一杯で、新しい動作を身につけるには最低でも3日に一度以上の頻度で練習しないとダメだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/06 22:08
スタンスのチェック
このBLOGを作って今日で2週間。 ゴルフに触れるの間遠くなったので、せめて頭だけでもと思って始めたが正解だったと思う。 というのは、、、、、 今朝、駅のホームでスタンスのチェックをしている自分を発見っヽ(`◇´)/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/04 22:42
ダフリ、トップ、ショーとパットのミス…備忘2
特に傾斜地でダフリが多いのは両手グリップの緩み。パットも同じ。トップの原因は打ち急ぎ。右ヒジはスイング中ずっと左ヒジより高い位置。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/02/02 22:03
シャンク…備忘1
インサイドアウトに振ってしまうから。(アウトサイドインにシャンクはない) 足の(親)指の踏ん張りが足りない。腰が先に回りすぎて手が遅れる。 フルスイングの調子が良くて、ブンブン振り回してしまう時、その後暫く経った時に多い。応急処置は、思い切りアウトサイドインに振る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/01 21:57
教わることの難しさ
駿河屋は過去に3人の先生にスイングを学んだ。水戸のNプロに約一年、東海村のK女子プロに3年、相模原のYプロに1年。でも、K女子プロに教えて頂いたことしか身についていないと思う。 なぜか? 言葉で身体の動き方を伝えるのは難しいということだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/01/31 21:22
<ビシッ>か<バッコ〜ン>か
  スイングの目的はボールを目標地点まで運ぶ事。飛ばして止める。<もっと飛ばしたい>のはもちろんだが、リスクを顧みずただ飛距離を伸ばすことではない筈。飛距離の正確さと方向の正確さ、万一のミスの度合を小さくする事にあるはず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/27 21:29
ヘッドが走るということ
ヘッドが走るという事は、クラブが手首を中心に速く、滑らかに回転する事だと思う。この為にはインパクト付近で身体と手首の位置があまり変わらない(静止)状態になること、かつ手首に力が入らず、フリーであることだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/26 21:14

トップへ | みんなの「スイング」ブログ

あーでもない、こーでもない(;´▽`A`` スイングのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる